武蔵小杉エリアの賃貸マンション

武蔵小杉はまだまだ再開発が進む地域です。

主に東口での賃貸マンション開発が進んでいますが、今後西口での開発計画も行われる予定です。

賃貸マンションを中心とした同ブランドのコンセプトや世界観のショップや商業施設が増えつつあります。

住居者の主な年齢層は比較的若い30代から60代のシニア層までと幅広く、30代・40代が一番多く次いで50代・60代となっている。

駅から近い利便性が評価されたことやコンパクトな間取りが幅広い年齢層に好評だったためと思われます。

JRと東急線が乗り入れているため新宿や渋谷にも近く、通勤や生活にも便利なため広域からの住居者が集まっていることも特徴です。

地元川崎の住居者は3割程度です。

また、大き目の部屋をファミリー層が購入することも多く、ライフステージに応じて使い方が変えられるようなマンションも増えてきています。

子育てだけでなく、子どもの成人後にもずっと住み続けられるような配慮がされているため、住みやすいエリアだと言えます。